真夏のビーチは完全に俺たちのもんだ

f:id:ikopu:20180804012450j:plain

チャプッ

 

 

 

f:id:ikopu:20180804012838j:plain

グワッ!!

 

 

f:id:ikopu:20180804012313j:plain

イコプです!

 

 

 

f:id:ikopu:20180804013038p:plain

ということで、フレンドとこのような夏のイベントに参加することになったので、はやる気持ちを抑えきれず水着になってジュレットを遊泳して遊んでいました。

キュララナビーチに集合とのことで、完全に海が俺を呼んでいますので、さっそく向かうことにしましょう。

水着がアストルティアで最高にダサいと言われるこの水着しか無かったのが不安要素にはなりますが、そこは高速で動くことで残像を生み出しごまかそうと思います。

 

f:id:ikopu:20180804012256p:plain

集まる前にパーティにやる気を伝えます。 

ここでいう私の「すごいやる気」というのは、水着を買ってきたということの1点に限るのですが、おそらく他の三人は水着すら用意してきていないと思いますからね。さあ集合場所のキュララナ海岸に集まりましょう。

 

f:id:ikopu:20180804012217j:plain

ほぼ互角!!

若干中央のホユさんが水着がカッコイイという点で上をいっているように見えますが、顔面のあたりの状態があまりよくないのでプラスマイナス0です。右側のシーフードさんは黒く焼けていていかにも夏らしさ出ていますが、水着があまりにもダサいのでこれもプラスマイナス0。私はヒレが生えてるのでまあ互角というかむしろ優勝ですね。

 

あれ、でもひゅげさんが来ていませんね?

 

聞くと水着がないから恥ずかしいので、先に現地に行っているとのこと。

ふふ、女子の発想ですね。

いい水着が準備できなかったから恥ずかしがる様子。

まあ、水着じゃなくても泳げそうな格好ならいいんやでと優しくアドバイスを送ります。

 

 

さて果たして現地に着くと。 

f:id:ikopu:20180804012243j:plain

 

そこには「泳ぐ」というより「潜行する」ということに特化しそうなひゅげさんが恥ずかしそうに立っていました。

 

恥ずかしそうだったので「あ、ひゅげそれ違うよ」と声をかけることもできず、僕たちは静かに「あ、新しい水着ここでもらえそうだよ」と話を進めることにしたのです。優しさですよね・・・。早く着替えようねひゅげ・・・恥ずかしがってるけど今この海で一番目立ってるのひゅげだからね・・・。

 

 

f:id:ikopu:20180804012232j:plain

完璧に仕上がりました。

2018夏の水着に着替えた我々はもう完全に夏を極めたサマービーチボーイズアンドガールズ。照りつける太陽すら俺たちの前には輝きが霞んでいくようですね。

 

f:id:ikopu:20180804012212p:plain

興奮した私とシーフードは白い砂浜を駆け回ります。

 

f:id:ikopu:20180804012332j:plain

アハハハ アハハハハ オーイマテヨー

 

 

オーイオーイ

 

 

コレハ

 

f:id:ikopu:20180804014510p:plain

 

 

 

さてひとしきりビーチを駆け回ったところで。

さっそくトレジャーハントイベントに突入します。

 

これはもうネタバレになるのでみなさん自分の目で確かめてくださいね。

リアル脱出ゲームみたいで面白かったです。

f:id:ikopu:20180804014926j:plain

<途中ホユ氏がインスタ映えする〜と言いながら砂のお城の前で写真をとって楽しそうにする様子>

 

 

 

そして無事クリア!

 

 

 

f:id:ikopu:20180804015307j:plain

 報酬はソフトクリームがもらえました。

 

 

 

 

 

f:id:ikopu:20180804015055j:plain

静かな月闇を見つめながら、ソフトクリームの神に感謝する四人。

星のシャワーが降り注ぐ・・・俺たちの夏を祝福してくれるかのように・・・

シーフードいつのまにドワーフになってたん・・・?

 

 



ということで夏イベントやってきたという報告でした。



  

 

 

 

 f:id:ikopu:20180804020437j:plain

おまけ「アイスを食べてるみたいな写真が撮りたい」ということで頑張った結果。