ビートのしぐさ

f:id:ikopu:20180827225638j:plain

しぐさ書・ビートがほしい

さあ、今日は朝からやけにiPhoneにスペシャル福引きが届くなあと思っていましたら、アレですね。冒険者ツールの福引きラインナップが変わっていたんですね。

 

見てみますと。

f:id:ikopu:20180827221434p:plain

しぐさ書・ビートとお花畑の庭用ベッドが目玉商品のようです。

 

しかも、ツイッターを見ていると、この「しぐさ書・ビート」が400万ゴールド近い値段で取引されているとか!!

これは絶望の貧乏に悩まされる私にとって救世主になるアイテムです。

早速手に入れて売りはらうしかありませんね。

 

f:id:ikopu:20180827221405p:plain

この日のために貯めていたと言っても過言ではない655枚の福引券が火を吹くときがきたようです。ただ、私のジェムが140しかないので、655枚のうち実質引けるのは7枚だということにはなるのですが、大丈夫、今回はこの7枚に全てをかけて引いてみましょう。

 

f:id:ikopu:20180827221944p:plain

 

引く・・・・!

ここで、引くッ・・・・!

 

f:id:ikopu:20180827221935p:plain

 

 

 

 

 

f:id:ikopu:20180827222108p:plain

 

 

最後の一枚・・・

引く・・・・!

ここで、引くッ・・・・!

 

f:id:ikopu:20180827222136p:plain

 

防衛軍で遊ぶ

さて、そうしてジェムという貨幣の全てを失った私は、全てを忘れて元気よく防衛軍で遊んでいました。

 

そうしていると、なにやら意味深なルームチャットがちらりと見えました。

f:id:ikopu:20180827222349p:plain

 

なんのことを言っているのかな、と一瞬思いましたが、私は防衛軍に必死だったので気に止めていませんでした。

 

すると、しばらくして。

f:id:ikopu:20180827222431p:plain

 

あ、これかおりしゃん、ビートの仕草手に入れたんだな。

さっきのは当たったよっていう話だったんだな、と思いました。

 

誰と話しているんだろうと、ちらっとルームを見てみますと。

f:id:ikopu:20180827222518p:plain

相手俺しかおらんやんけ!!

 

しまったしまった。

軽く2防衛軍くらいは無視してしまっていたと急いで返答を返します。

f:id:ikopu:20180827222552p:plain

<心なし嬉しそうなかおりしゃん>

 

f:id:ikopu:20180827222726p:plain

<訝るかおりしゃんに適切な言い訳をしておく>

 

 

そういえば、ビートの仕草といえば、ロック。

ツイッターを見ていますと、本日はロックの格好をして遊ぼうみたいなプレイヤーイベントがあったはずです。

 

f:id:ikopu:20180827223313p:plain

 

でも、私は言うてもかおりしゃんのことはよく知らないので、どのくらい彼女がロックに造詣が深いのかわかりません。

もしロックのことをなにも知らないのに、ロックイベントに参加して、周りの人に「レッチリのフリーのスラップはマジでゴッドだよね」とかそういう話を振られたときに、よくわからなくて泣きながら帰ってくることになったら大変かわいそうです。

あらかじめ、かおりしゃんのロックに対する知識と愛情を確認しておく必要がありますね。

f:id:ikopu:20180827223243p:plain

ここで最低限「ボンジョビィ」くらいが出てこればオッケーでしょう。

しかし万が一、「・・・TMレボリューション・・・?」とかそういう返事であったら私は全力で彼女を止める必要があります。

 

さあ、彼女の一番のロックは・・・?

私は固唾を飲んで画面を見つめました。

f:id:ikopu:20180827223547p:plain

 

ロックンローラーになる

さて、そういうことで「とにかくお互いが思うロックな格好になってみよう」ということになりました。

 

かおりしゃんは「50年代のロックになる」とちょっと玄人っぽいことを言い出したので、まあそっとしておくことにしました。

では私は誰になるべきか。

日本のロックといえば?そうですね、答えは一つしかありませんよね。

 

f:id:ikopu:20180827223754p:plain

 

 

SHAZNA

 

IZAMになる

ネットでIZAMを見ながら研究します。

ふむ、チャイナドレスになればいいのか・・・?

課金っぽいな諦めよう・・・というか髪をとりあえずピンクにすればそれはもうIZAMなのでは・・・?

 

f:id:ikopu:20180827223902j:plain

IZAM

 

伝説の始まり

「さすがに巻き髪はIZAMというよりショパンなのではないか」と思い、ロングヘアーっぽいのに変更しました。

いざかおりしゃんと待ち合わせのコンサート会場に向かいます。

 

f:id:ikopu:20180827224246j:plain

 

ふむ・・・・それロックなの?

 

f:id:ikopu:20180827224319p:plain

 

とりあえず集まった二人はセッションを始めます。

ミュージシャンに言葉はいらない。

ただ、音楽を通じて語り合うだけ・・・

それがロックだから・・・

 

 

f:id:ikopu:20180827224418j:plain

私は楽器の仕草を一つも持っていないので、ボーカルとして最高の歌を歌います。

かおりしゃんは取れたてのビートの仕草でギターをかき鳴らします。

二人とも驚くほどパンツが丸見えですが、ロックの前ではそんなことは些細なこと・・・

ロックとは裸の魂のぶつかりあいなのだから・・・

 

その後、フレンドのオパール、ぷにゃりんも合流しました。

そう、4人が、ついに集まったのです。

 

 

オパール(Vo)

ぷにゃりん(Ba)

かおりしゃん(Gt)

イコプ(Taiko)

 

f:id:ikopu:20180827224630j:plain

 

この夜。

伝説のバンド「ぷにゃぷにゃボンバラス」がついに産声をあげたのでした。

 

解散の時

数分後。

f:id:ikopu:20180827224853j:plain

音楽性の違いと、何より私が風呂に入りたいという理由により解散しました。

 

  

クリックーゥ

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO