まぐろ

f:id:ikopu:20180910003730j:plain

 

こんばんは!

イコプです!

東京から帰ってきました。

開放感から、とにかくブログが書きたい気持ちでパソコンに向かっています。

でもめちゃくちゃ眠たいので、今日のブログは内容が無いかもしれませんがどうか許してください。フォーギブ・・・とにかく書きたくて・・・嬉しくて・・・。

 

f:id:ikopu:20180910004038p:plain

さて、最初にみなさんに伝えておきたいことはこちらのどん兵衛のことです。

私が、東京で最初に食べたものはコレだったわけですが、すごいですね!

東京のどん兵衛って、液体スープなんですね!?

愛知県は粉スープなんですけど、まさかそんな違いがあるなんて驚きました!!

みなさんの地域のどん兵衛はどうですか!?うちは粉!うちは液体!そんなコメントで大盛り上がりになることを期待しています!!そのうちコメント欄で粉vs液体戦争が始まっちゃったりなんかしてね!ワッハッハ!ほんと眠い!

 

 

ドラクエをする

さて、ほぼ日が変わるころに帰ってきて、ログインしました。

なにせ、俺のバージョン4.3はこれから始まるばかり。

出遅れた分を少しでも楽しまないといけません・・・!!

 

ログイン!!!

 

 

f:id:ikopu:20180910004524p:plain

 

ログインすると、フレンドのはくちゃんからよくわからないチャットがきました!!

 

f:id:ikopu:20180910004705p:plain

 

よくわからないですけど、すごい勢いです。

「まぐろ背負える!!!」

そう叫ぶ彼女の顔は本当に一切の迷いも無くて。

まるでそれは映画のワンシーンのよう。

夕焼けの逆光の中、振り返った彼女は叫ぶのです。

「まぐろ背負える!!!」

ザッパーンと海からの波に飲まれる彼女。

おい、大丈夫か!と歩み寄る私。

彼女は無事でした。そして嬉しそうに言うのです!

f:id:ikopu:20180910004705p:plain

 

さて、そんなイメージがもやもやもやと浮かぶ中、私は考えました。

おそらくこれは何かのイベントアイテム・・・おそらく、釣り老師がくれるアイテム?

 

 

私は敏感にその空気を感じ取り、レンドアに飛びました。

 

f:id:ikopu:20180910004802p:plain

そして、釣り老師と話を始めたその瞬間、そこにははくちゃんが背を向けて立っていました。まじでノータイムで立っていました。

 

f:id:ikopu:20180910004846p:plain

 

 

 

 

f:id:ikopu:20180910004859j:plain

キングサイズ55種類つると貰える剣のようです。

 

 

 

 

 

 

f:id:ikopu:20180910005100j:plain

 

 

 

 

 

f:id:ikopu:20180910005127j:plain

じゃあまぐろで遊んでくるね

 

そう彼女は言って

 

光の中に消えていった

 

その後ろに一人のドワーフをつれて

 

彼の名前はタカシ

 

ドワーフのタカシ

 

ドワーフのTAKASHI

 

f:id:ikopu:20180910005337p:plain

 

ドワーフのたかしは

いつも大きなオノをもっている

大きなギラギラした いかついオノをもっている

 

ある日村人が たかしにたずねたんだ

「たかしさん そのオノは何に使うんだい」

 

たかしは笑った

「ワッハッハ ワンダフル」

 

むらびとは 肩をすくめた

たかしも 肩をすくめた

 

たかしは家に帰って そのオノをじっと見つめた

たかしも知らなかったんだ 

そのオノを何に使うのか

 

でもだから

村はいつまでも平和だったんだ

 

たかし 

ありがとうたかし

ドワーフのたかし

 

  

また明日・・・・・

 

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO