イベント告知!最強プレイヤーイベント「ペペロンチーノ王決定戦」

こんにちはイコプです!

プレイヤーイベントやります!

 

f:id:ikopu:20190511113350p:plain

 

イベント:最強プレイヤーイベント ペペロンチーノ王決定戦

日時 2019/5/11 12:30 

場所 白亜2747-6 

 

イベントスケジュールと内容

12:20 参加者たる猛者たちが会場に集まる

12:30 総合司会「ももた」氏よりありがたいお話「最近の私」

12:40 イコプより「ペペロンチーノGO!」の合図

各自自宅でペペロンチーノを作り始める。

 

<注意>

今回のペペロンチーノは、

家に現在ある材料で作る、ペペロンチーノの中でも最高峰の一品と呼ばれる

「イエニ・アルモンデ・パスタ」を作ってください。

ペペロンチーノであることが望ましいですが、ある程度のバリエーションは各自判断で許容されます。例として、親子丼程度までは許容とします。

作品が出来次第、ツイッターにハッシュタグ「#ペペロンチーノ王決定戦」をつけて、できたペペロンチーノを載せてください。

一番すごいペペロンチーノだと思った人が優勝で、その作ったペペロンチーノを食べる権利が与えられます。

 

13:10 優勝者以外も出来上がったペペロンチーノを各自食べて最高の笑顔を見える中、全員で蛍の光を熱唱。

13:20 流れ解散

 

 

 

 

以上になります!!

挑戦者を待っているぞ!!

それいけ!翠将鬼ジェルザーク

f:id:ikopu:20190420012302j:plain

 

こんにちは!

今日も元気にイコプです!

 

f:id:ikopu:20190420003815p:plain

 

この前ログアウトした時、この格好でログアウトしてたみたいですね!

一切ドレスアップしてない標準装備なのにこの驚きのダサさはなぜだろう

 

ジェルザークに行こう!

 

f:id:ikopu:20190420003629j:plain

さあ、ついに実装されました!

聖守護者第3弾、ジェルザーク!待ちに待ったエンドコンテンツです!

当然私も「サービス終了までには顔を見に行こう」というくらいの強い気持ちで心待ちにしていたわけですが、せっかくログインしたんだし、この勢いで一捻りしてやりますかぁとそういうわけです!

 

ところで、聖守護者は日によって強さが変わりますので、今日の強さを確認してから挑みましょう。

 

f:id:ikopu:20190420004206p:plain

 

ふーん。まあ、大丈夫っしょ!!!

 

仲間を集める

さて、最強の敵ジェルザークを前にして、こちらも最強の仲間を集める必要がありそうです。

マップルちゃんは確定として、あと2人。

ここは妥協が許されないところです。

吟味に吟味を重ね、暇そうなフレンドを上から順に誘ってみましょう。

 

f:id:ikopu:20190420004257p:plain

その後・はく・からの音信は途絶えた

 

 

 

f:id:ikopu:20190420004540p:plain

にぐゲット!!

この後最強だよ、と言ったらお腹痛くなってしばらくトイレに消えてました。

 

 

f:id:ikopu:20190420004659p:plain

えどはむゲット!!

もしかしてジェルザークに行こうとか言わないほうが勧誘成功率高いのでは?という頭の良い作戦で無言でお誘いしたところ成功しました!!!

 

 

いざ戦闘開始

f:id:ikopu:20190420005202p:plain

(戦闘前にわたあめをみんなで食べるとても朗らかなパーティの様子)

 

 

 

 

f:id:ikopu:20190420005047p:plain

よっしゃよっしゃ!いざ尋常に勝負やー!!

 

 

f:id:ikopu:20190420005350p:plain

さあ戦闘が始まります。

ジェルザーク1匹かと思いきや、子分みたいなのも連れてるみたいですね。これは乱戦が予想されます!!

 

 

 

 

 

f:id:ikopu:20190420005513p:plain

よし!

 

 

 

f:id:ikopu:20190420005733p:plain

 

勝利への作戦会議1

敗戦を糧に、勝利への作戦を練り直すことにします。

作戦→戦い→作戦・・・このトライアルアンドエラーを繰り返すことが、勝利への最高の近道だとわかっているからです。

 

f:id:ikopu:20190420005558p:plain

 

f:id:ikopu:20190420005649p:plain

 

f:id:ikopu:20190420005822p:plain

オラーッ!!!

 

f:id:ikopu:20190420005912p:plain

 

勝利への作戦会議2

f:id:ikopu:20190420005937p:plain

作戦を練り直します。

 

それならいける!

これで勝てるぞ!

 

敗戦に緊張の糸が切れかけたパーティの気持ちが、改めて一つになっていきます。

 

f:id:ikopu:20190420010106p:plain

 

 

 

 

f:id:ikopu:20190420010146p:plain

 

 

勝利への作戦会議3

敗戦から学ぶものは多い。

我々も真剣に意見をぶつけ合います。

 

2分持ったら勝ちなのでは?

Aを真正面から押すことができたら勝ちでは?

 

激しく意見がぶつかり合う中、静かにその様子を見つめていたにぐは、3人をそっと静止すると、1人ずつ、その目を見つめた。

そして、叫んだ。

 

f:id:ikopu:20190420010402p:plain

 

勝利それは喜びの歌声

 

f:id:ikopu:20190420010603p:plain

行くぞみんな!!

 

f:id:ikopu:20190420010642p:plain

ベイオウルフの鋭い刃が、イコプの肩を掠めた。激痛に一瞬意識を失いそうになるその最中、暖かい光に包まれるのを感じる。振り返ると、えどはむが微笑んでいた。大丈夫よ、さあ、思う存分にやりなさい。彼女の目はそう言っていた。聖母を思わせるようなその神々しいまでの慈母性。イコプは再びベイオウルフを見やる。にぐ、マップルの杖からほとばしる紅蓮の炎に、魔力を帯びたその布の体のあちこちは、黒く焼き焦がれていた。これで、終わりにしよう。イコプは弓をつがえる。研ぎ澄まされた精神が、魔力の輪郭を形作り、収斂していく。フォースブレイク。その衝撃に当てられて、ベイオウルフの表皮に纏っていた魔力の壁が、バラバラと崩れ落ちていった。にぐ、マップルはそれを確認すると、背中を合わせ、2人魔法陣の中で詠唱を始める。視界の端に、えどはむの笑顔が見えた。その目からは一筋の涙が流れていた。それは喜びの涙なのかーそれともー・・・。「「メラガイアー!!」」轟音にかき消される中に、魔物の悲鳴が聞こえた気がした・・・俺たちは、勝ったんだ・・・これで・・・本当に、終わりなんだ・・・。

 

 

 

 

f:id:ikopu:20190420011433j:plain

コングラチュレイションー

 

 

 

 

   

よし、じゃあまずはブレス装備を勝って1からやっていこうと思います!!

ウルベアめんこ

注意:バージョン4.3のネタバレがあります!

 

ウルベアめんこ

f:id:ikopu:20190222232343g:plain

 

久しぶりにストーリー進めてます。

時代の最先端は4.4?までストーリー進んでいるという説が濃厚なのですが、古きを訪ねて新しきを知ることの大事さを知っている私は、一般に新しいものさえも若干古くなるのを待ってから味わうわけですね。人生の楽しみ方を知り尽くしていると言えるでしょう。ただし本当はスコルパイドとドラクエビルダーズ2に意識が取られていたと言っても過言ではありません。

 

ただし、久しぶりにストーリーを再開すると誰しもが避けては通れない事態、そう「どんな話だったか完全に忘れた」現象に悩まされることになります。

 

f:id:ikopu:20190222232323p:plain

この人誰だっけ・・・?それはもう判明しているんだっけ・・・?

 

 

よくわからないので、そのうち思い出すだろうと思いながらボタンを連打しているとさらによくわからなくなってきたのですが、大丈夫。でかい町にたどり着いてウロウロしていたところ、「とりあえずウルベアめんこを極めれば良い」と解釈するに至りました。

f:id:ikopu:20190222232333p:plain

この奥様が徹夜でめんこするとの勢いに驚きを隠せませんでした。私はこのめんこのルールを聞いて始める前から完全に飽きたので、この時代の民は遊戯に慣れていないかもしれませんね・・・もうちょっとルール捻ろう?

 

 

 

なお、私は以前フレンドのぺけぴー君と初めてリアルで会った時に、彼がオセロと麻雀を持ってきていたので、それを用いて激しいバトルを繰り広げました。

 

もちろん、我々クラスの「遊戯の玄人」ともなると、通常のルールでは到底満足できません。オセロ、麻雀、その面白さを最大限に引き出す・・・それも、同時に・・・!

 

その対戦中の様子がこちらです。

 

f:id:ikopu:20190222233739g:plain

今見てもどういうルールだったか全くわからないですが、とにかく物凄い白熱した勝負だったことだけは覚えています。

ウルベアめんこも、そのうちこのくらい熟れてくるとさらに盛り上がるのではないでしょうか。頑張れ!過去のウルベア!

 

  

あっでも、ウルベアめんこのプレイヤーイベントとかやってみたい。

能力者ウルベアめんこイベント。

 

パクレ警部に会いたい あとハウジング見に行く

さあ今晩は!

お元気ですかみなさん!ちょっと久しぶりですね!ドラクエブログの時間ですよ!いえあぁ!!インフルエンザ流行りすぎ!

 

 

 

f:id:ikopu:20190124224026p:plain

なお、前回のふくわらい対決の結果ですが、ご覧のように私が圧倒的な感じで2位をもぎ取りました。やりましたー!応援ありがとうございました!

 

パクレ警部のイベントが炎上してるらしい

さて、最近ツイッターを見ていますと「パクレ警部の外伝イベント」が、シナリオがなんか凄かったらしくて、軽く炎上しているようでした。

これは私も怖いもの見たさという名の好奇心が止められませんので、さっそくログインして確認することにします!!

 

f:id:ikopu:20190124224441p:plain

久々のログインにテンションが上がりまくってしまいましたので、盟友かおりしゃんを召喚します。しかしまさか秒単位で返信がくるとは思っていなかったので驚いた瞬間です!失礼ながら暇なのかなと思いました!!

 

f:id:ikopu:20190124224748p:plain

 

 

 

パクレ警部に会いに行く

さて、急ぎPS4の電源を入れ、先にアストルティアで待つかおりしゃんの元へ向かいます!!!

 

f:id:ikopu:20190124224842j:plain

ただ、連打していたので、最近全力でやっていたゲーム「ACE COMBAT7」が始まりまして、「空の色が何色か知ってるかい?ダークブルー・・・それが私の空の色・・・」みたいな話に引き込まれながら、いざ戦争が俺を呼んでる・・・と空に飛び立ちそうになりまして、あと少しでかおりしゃんのことを忘れる寸前で本当に危ないところでした。

 

f:id:ikopu:20190124225342p:plain

待たせたな!しゃんかおりよ!

 

 

さあ、さっそくパクレ警部に会いに行きましょう。

しかし我々はクエストの受注場所とかは一切知らないので、そこから考える必要がありますね。 

 

 

f:id:ikopu:20190124225405p:plain

 

f:id:ikopu:20190124225459p:plain

 

そうでした!思い出しました!

オルフェアのキークエストの最後のとき・・・

パクレ警部は謎のドアの奥深くに封印されたような気がします!!

彼は、銀の丘にいる!!!!

 

さっそく行こうとする私、しかし、その時でした。

 

かおりしゃんは、少し俯き、そして私から視線を外しました。

何かを言いたげに視線が彷徨います。

 

どうした?と、尋ねる前に、彼女は少しだけ頬を赤らめて、言いました。

 

f:id:ikopu:20190124230055p:plain「でも」

 

 

f:id:ikopu:20190124225655p:plain

 

しゃんかおり・・・!

 

お前・・・

 

確かに、丘に2人で向かう

 

それは普通のフレンドの閾値を超えた行為かもしれない

 

それを見かけた他人からは、もうそれは相方として思われても仕方がないかもしれない・・・

 

仮に、そんなことになったら・・・

 

 

 

 

f:id:ikopu:20190124225859p:plain

面白そうです!

 

 

 

 

 

f:id:ikopu:20190124230749j:plain

ということでムードたっぷり銀の丘に向かう様子

服装に若干の選択ミスがあったかもしれません

 

 

f:id:ikopu:20190124231035p:plain

そうしてたどり着きました!銀の丘!

たしかこの奥にパクレ警部は封印されていたはずです!

話しかけてみましょう!

 

f:id:ikopu:20190124231134p:plain

いたー!!!!やったー!

 

 

f:id:ikopu:20190124231233p:plain

・・・

 

えっ

 

終わっ・・・た・・・・?

 

 



さよならパクレ警部

f:id:ikopu:20190124231357p:plain

いろいろ調べて回った結果、受注場所はオルフェアみたいなんですけど、他のクエストが終わっていないと始まらないクエストなのではという悲しみに満ちた結論にたどり着きました。

 

そうしていたときに、ルームにヒロトさんがログインしました。

 

f:id:ikopu:20190124231516p:plain

ヒロトさんはおもしろい人なので、すぐさまパクレ警部イベントに誘います。

まあ受注できないんですけど、ヒロトさんはおもしろい人なので、そのくらいのハンデは乗り越えてくれる人だと思うのです。

 

f:id:ikopu:20190124231635p:plain

<イベントと聞いて、そっちに参加することに決めたかおりしゃんと私>

 

しかし、ヒロトさんはなぜか我々の来訪を拒みますので、私たちも頑張ります。

f:id:ikopu:20190124231801p:plain

<巧みな会話術でイベント場所を聞き出す様子>

さよならヒロトさん

最終的に「月」というところでやるイベントということを聞き出すことに成功し、同時に私は「月」というところに行けないことが判明し、悲しみに暮れながら断腸の思いでヒロトさんを仲間から外しました。ヒロトさん・・・お元気で!

 

 

ハウジングを見に行こう

さて、ついにやることが一切無くなった我々はほとばしるやる気をどこにぶつけるかと困り果てた末、たどり着いた唯一の結論それは

 

f:id:ikopu:20190124232339p:plain

ハウジングを見に行くことでした!

 

f:id:ikopu:20190124224019p:plain

というのは、最近ハウジングの写真コンテストが開かれているのですね。

それで、優秀作品に入った方の写真がツイッターでも流れてて、すごいなぁと思ってたわけでして、その生のハウジングを見に行ってみよう、とこういうわけです。

 

さっそくツイッターでハウジングを公開されている人を探してみます。

 

 

 

見つかりました!「うみうさぎ」さんという方の、ハウジングです。

早速行ってみます!

 

f:id:ikopu:20190124232745p:plain

 

すごいハウジングを見に行く

 

先に現地に着いた、かおりしゃんから驚きの声が届きます。

 

f:id:ikopu:20190124232806p:plain

 

やっぱり・・・?40選に入るハウジングともなると、かなりの凄さなんでしょう。これはワクワクします。

 

f:id:ikopu:20190124232931p:plain

え?

 

 

f:id:ikopu:20190124232947p:plain

 

f:id:ikopu:20190124233013p:plain

 

 

 

 

 

さあ、気持ちを持ち直して、いざ「うみうさぎ」さんの家に入ります!

 

f:id:ikopu:20190124233108p:plain

中に入ると、コンシェルジュのうみうさぎさんが出迎えてくれました!

 

果たしてそのハウジングは・・・!?

 

f:id:ikopu:20190124224024j:plain

すごい!!

 

家の中に、ジュレットがある!!!

これ家の中に、ジュレットがある!!!

 

思わず2回言いましたが、とにかく家の中にジュレットがあるので、すごかったです。

海の波とかまで再現されてて、発想力がすごいと思いました。

才能と努力の結晶だと思いました!うみうさぎさん、感動しました!ありがとうございました!お邪魔しました!!

 

 

ということで満足して。

 

我々は次なる戦いに向かうのでした。

 

かおりしゃんは、フォートナイトという戦場へ。

 

私は、空のエースになるために・・・。

 

f:id:ikopu:20190124224842j:plain

メイジ隊!敵機とエンゲージ!!!

 

 

 

 

  

 

おまけ

ビルダーズ2もやってます。

f:id:ikopu:20190124234558j:plain

イコプ島の入り口のモニュメント。

 

謹賀新年と新コンテンツ


f:id:ikopu:20190106182807j:plain

あけましておめでとうございます!

本年も畢竟ドラゴンクエストをよろしくお願いします!

今年の畢竟ブログ目標は「調子が良ければ毎日更新するし調子が悪くても月1くらいは更新する」です!凄い意識高い!

 

 

実装!最新ミニゲームコンテンツ

さて、ドラゴンクエスト10は、これまで「すごろく」「バトエン」「ドルボードレース」など様々なミニゲームを実装し、RPGとしてのドラゴンクエストだけでなく、様々な「遊び」のバリエーションを提案してきました。

 

 

しかし、みなさんは気づいていたでしょうか。それらをはるかに凌駕する、大型ミニゲームコンテンツが、この新春音もなく実装されていたことに。私は驚きました。スクエニが、トルリシティ、新コインボスなどの実装の裏で、これほど大規模なコンテンツを作成していたとは・・・。

 

f:id:ikopu:20190106184234p:plain「安西さん・・・あんた凄え男だよ・・・!」

 

 

さっそく私は「それ」を購入し、自宅に走りました。

ワクワクする気持ちを胸に、それを拡げます。

準備が整い、いざ、始まりです!

 

 

 

 

f:id:ikopu:20190106185655j:plain

ふくわらい!

 

 

 

 

 

ふくわらい1回戦 イコプ

 

f:id:ikopu:20190106185817p:plain

さあ早速始めましょう!

ルールは簡単、このように大きめのラグで隠した下に、パーツを順番に入れていって、上手な顔を作ったら成功で楽しくてとても嬉しいという事です。

 

えー!でもなーこれ目閉じてるわけじゃないから、大体の位置とかわかっちゃうんだよな〜余裕すぎて歯ごたえがないっていうかwwwwよーしできたwwwどれどれwww

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ikopu:20190106190022p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ikopu:20190106190046j:plain

 

 

 

ふくわらい2回戦 アメジスト

さあこの大型コンテンツふくわらいも完全にやりきった感が出てきましたが、なにかが違う、もしかしてそうか、これは1人でやる遊びではないのでは?と大切な何かに気がつき、早速誰か誘うべくフレンド欄を確認します。

この場合、突然「ふくわらいやろう」と誘っても動揺しない強いメンタルを持ち合わせているフレンドを吟味する必要がありそうです。

 

f:id:ikopu:20190106190311p:plain

しかし、日曜日の朝から元気よくドラクエしてるような剛の者たるフレンドは200人の私のフレンドをもってしてもたったの2人だったので、もうこの2人に全てを賭けるしかありません。賽は投げられたのです。

 

f:id:ikopu:20190106190749p:plain

さっそくお誘いします。

「ふくわらいしよ」と誘うと、「あははwふくわらいwおっけーまた今度やろうねw」とそういう返事がくるリスクがありますので、若干ニュアンスをぼやかしてお誘いします。

アメジストさんはその道では知られるカリスマ絵師なので、イラスト勝負と言われればもう引くに引けない業深き存在であることを利用したわけです。新春から自分の策士っっぷりが怖いです。

 

f:id:ikopu:20190106190915p:plain

 

ただ想定外のニュアンスで伝わったようだったので、今年の初動揺をいただきました。

えっちな絵・・・。

 

f:id:ikopu:20190106190022p:plain

えっちな絵・・・

 

 

f:id:ikopu:20190106191016p:plain

正直に、厳しい展望をお伝えします。

 

 

f:id:ikopu:20190106191035p:plain

とにかく家に来て貰えばこっちのもんだと判断し景気よくお誘いします。

成功しました。

 

 

f:id:ikopu:20190106191252p:plain

アメさんが来る前に準備をしておきます。

 

 

 

 

f:id:ikopu:20190106191116p:plain

さあ、来ましたアメジスト!

この光景を前にして、アメジストは今からやるべきことを理解できるのか!?

 

 

f:id:ikopu:20190106191139p:plain

 やったー!

そこに言葉はいらなかったー!!!

 

 

 

 

 

ということで、いざアメジストのターンです。

 

真剣にパーツを並べるアメジスト。

その目は語っていました。

絵を描く者として、たとえ福笑いであっても、下手なものは作れないのだと。

それが、私のプライドなんだとー。

 

f:id:ikopu:20190106191233p:plain

 

完成ー。

さあ、確認しよう。

彼女の誇り、絵を描く者としてのプライドを!

 

 

f:id:ikopu:20190106191622p:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:ikopu:20190106191820p:plain

(いろいろと問題点を指摘するイコプ氏と作品への謎の肯定感が凄いアメジスト氏)

 

 

 

 

 

ふくわらい3回戦 ダイスケ

 

さて、テンションが上がったアメジストさんが、イコプンもやってよ、とのことであったのですが。すでに私はやったあとなんだよごめんねと説明します。

 

f:id:ikopu:20190106192052p:plain

 

気持ち心がキュっとなる発言を聞きながら、どうせならもう1人の選ばれしフレンドにもやってもらうしかないと考えました。さっそくアポイントメントをとります。

 

f:id:ikopu:20190106192142p:plain

 

もう回りくどい言い方はやめてストレートに誘おう、そう思った結果、逆に中身が一切わからない誘い方になったのですが、ダイスケはんと私との間に遠慮はいらないので大丈夫です。唯一懸念されるのは、ダイスケはんと私はこれが遊ぶのは二回目になるということで、お互いのことは一切知らない、言うなればほぼ他人という関係性ですが、大丈夫ダイスケはんなら何となく大丈夫!と僕の第六感が告げています。

 

f:id:ikopu:20190106192404p:plain

やっぱりね!

 

 

f:id:ikopu:20190106192554p:plain

さっそく訪れました挑戦者ダイスケ氏。遠目にもひどい格好です。

 

 

ダイスケはんは一目見るなり「ふくわらいwリアルでもうちにもあるわ〜」とさりげなく経験者をアピールし、マウントをとってきます。これは、相当な自信が伺えます。

 

f:id:ikopu:20190106192639p:plain

迷いない手つきでパーツを並べたダイスケはん。

 

f:id:ikopu:20190106192759p:plain

その目にはやはり、並々ならぬ自信が漂っています。

これは強敵だ・・・果たして、アメジストはこんなモンスターに勝てるのか・・・?この勝負・・・果たして・・・!!

 

 

ダイスケ、オープン!!

 

 

f:id:ikopu:20190106192944p:plain



f:id:ikopu:20190106193027p:plain

(いろいろと問題点を指摘する我々と、作品への自信に迷いがないダイスケはんの様子)

 

 

f:id:ikopu:20190106193133p:plain

(自信が凄すぎて謝ったほうがいい様子)

 

 

 

 

3選手の作品

f:id:ikopu:20190106190022p:plainイコプ

 

f:id:ikopu:20190106191622p:plainアメジスト

 

 

 f:id:ikopu:20190106192944p:plainダイスケ

 

さあ、優勝は!?

君が思う優勝選手にツイッターで投票しよう!

優勝者がなんか今年のチャンピオンだ!!!!!

 

 

 

 

 

 

  

ということで今年も平常運転で頑張ります!

今年も応援よろしくお願いします!!

 

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO