ドラゴンクエストライバルズの用語を説明する

f:id:ikopu:20171107094906j:plain

 さあついにリリースしました、ドラクエカードゲーム「ドラゴンクエストライバルズ」!みなさんプレイしたでしょうか?私はもう当然やってみました!

 

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「はふはふライバルズめっちゃ面白い」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「私もちょっとやってみようかなあ」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「えっハースストーンの時は1ミリも興味を示さなかったミイホンさんがやるの?!」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「絵がかわいいしね」

 

ドラクエライバルズはTCGのひとつ

実はこのドラクエライバルズに似たカードゲームはすでにいくつかあります。

 

ハースストーン

f:id:ikopu:20171107101106j:plain

playhearthstone.com

 

シャドウバース

f:id:ikopu:20171107101155j:plain

shadowverse.jp

 

画像を一見してわかるように、それぞれのゲームのルールは非常に似通っています。

そして、それぞれのゲームの攻略がすでに進んでいるので、いろいろな共通の専門用語も文化として育ってきているのです。たとえば、「アグロ」とか「ミッドレンジ」とか。ですので、初めての方は知らない単語が、攻略サイトとかで当然のようにボンボン出てきて、まったくの初心者の場合「なんのこっちゃ」となってしまいます。

 

我が家でも。

 

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「ミイホンさん、初心者用にアグロゼシカ作っておいたよ。これで最初は練習するといいよ(上から目線)」

 f:id:ikopu:20171008003609j:plain「アグロって何。怒るよ」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「ウワアー!!すみませんでした!あの、アグロっていうのはフェイスとかズーを統合したデッキタイプでトレードをなるべく行わず低コストのミニオンや魔法でヒーローを攻撃していくものでね、試合時間が短くなりやすいからランク戦ではよく見かけるデッキなんだ。ポイントは常にリーサルを意識して有利トレードに囚われすぎずに」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「怒るよ」

 


 世界一簡単なドラクエライバルズ用語解説

ということで、こういう専門用語はやってるうちに何となくとわかってくるのですが、いざ説明しようとするとややこしいのです。

しかし実際はそんなに大したことは言っていないので、「専門用語が多すぎてややこしい、難しそう」と感じてやめてしまうのも勿体無い!と思います。

だじゃらイコプさんが反論非難を覚悟の上、世界一簡単なドラクエライバルズ用語集を作りました!!初めてのドラクエライバルズプレイヤーの方は、「何となくそんな感じ」程度で覚えてもららえば、やってるうちに自然としっかりわかるようになると思います!

 

デッキタイプ用語

◉アグロ

小さめのコストのカードをたくさん出して素早く倒すデッキ

 

◉ミッドレンジ

中位のコストのカードをメインに頑張るデッキ

 

◉コントロール

長期戦で頑張るデッキ

 

◉フェイス 

ヒーローしか殴らないデッキ

 

◉ズー

めっちゃユニットを並べるデッキ

 

◉ミル

相手にカードを引かせまくるデッキ

 

◉ランプ

自分のMPをどんどん増やすデッキ

 

◉OTK
1ターンですごいダメージを与えて倒すデッキ

たぶんワンターンキル。

 

◉その他

あとはそれぞれのデッキに特徴的な名前がくっつくことがあります。

例:バーンゼシカ(メラミとかBURNと燃やす系のカードが多いデッキ)

  奇数ミネア(奇数カードをメインにしたデッキ)

  ゾンビピサロ(ゾンビ系のカードを軸にしたデッキ)

 

その他の用語

 

◉ウォール 

縦一列にユニットを並べてリーダーを守ってる状態

 

◉ブロック

横に二つユニットを並べて後ろのユニットを守ってる状態

 

◉AoE

範囲攻撃。たぶんエリアオブエフェクト。

 

◉バーストダメージ

1ターンに出せるダメージの最高値。

 

 

◉顔面(フェイス)

相手リーダーのこと。特にリーダーを攻撃するときによく使う言葉。

例「ここはもうフェイスで良いかな」

 

◉ドロー

俺のターン!ドロー!

 

◉盤面

自分と相手の6マスずつ。

盤面を取る、といったら6マスの状況を有利にすること。

 

例「リーダーのHP削ってでも、盤面取りに行く」

 

 

◉スタッツ

HPと攻撃力を足し算した数値。

だいたいのカードはMPの2倍よりスタッツが1か2高いくらいになる。

ただ強い特殊能力がついていると、その分スタッツが落ちている。

逆も然り。

 

◉Tier

流行してる強いデッキのこと。

Tier 1  というと、今一番強い人気なデッキ。

例「いつかミルトルネコがTier1になるだろうか」

 

◉ナーフ

強すぎたカードがバージョンアップとかで弱体化されること

 

◉バフ

ユニットを強くする能力。

 

◉マリガン

最初に配られる3、4枚のカードを何枚か引きなおすこと

 

◉ミラーマッチ

相手のデッキとこっちのデッキのタイプが一緒のこと

ミラーマッチだと負けると何となく実力の差がでたような気がしてくやしい

 

◉リーサル

勝ちが確定したこと。

例:「あれ、これリーサルじゃない?」

 

◉有利トレード

(多くはお互いのユニットが死ぬタイミングで)弱いカードで強いカードを倒すこと。

 

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「どうだいミイホンさんわかったかな」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「うーん・・・なんとなくは・・・でも、こんなに覚えないといけないの?」

f:id:ikopu:20171008003605j:plain「ううん別に覚えなくてもいいよ。インターネットとかで攻略サイトを読むときは、少しわかってたほうが読みやすいかもしれないけど、これらの用語は基本的にはカードゲームをしてる人たち同士が「俺たちヤッテル」感を楽しむために使うためのものだからね」

f:id:ikopu:20171008003609j:plain「なるほどね。たしかにさっきの説明してるときのイコプのドヤ顏ったらなかったからね」

 

 

 

 

ということで、みなさんもドラクエライバルズ、ぜひやってみてください!

面白いですよ!

幸あれ賢しき者たちに フォーエバー【賢者クエ②】

f:id:ikopu:20171030234907j:plain

 

これまでのあらすじ

アーニア「大賢者だー!」

シェリル「イコプ死相が出てる!!」

イコプ「生きたい!!!」

 

大賢者への道

注:本日はイコプさんがストーリーを連打していたので実際よくわかっていない部分は想像で「たぶんこんな感じ」という演出のもとお送りします

 

f:id:ikopu:20171030235359j:plain

f:id:ikopu:20171030235922j:plain「イコプさん・・・私もうとにかく、大賢者になりたいの」

f:id:ikopu:20171030235858j:plain「無理だよアーニアさん。ドルマも満足に使えない貴方が大賢者なんて。なんとなくメタルキング回しにいっただけの俺ですらドルモーアまで使えるようになったのに。才能ないよアーニアさん」

f:id:ikopu:20171030235922j:plain「わかってる、でも、でもね。私どうしても大賢者になりたいの」

f:id:ikopu:20171030235858j:plain「本気なんだねアーニアさん。どうしてそこまで大賢者になりたいんだい」

f:id:ikopu:20171030235922j:plain「えっなんか・・・メチャクチャかっこいいじゃん大賢者って・・・」

 

f:id:ikopu:20171031000251j:plain

 

f:id:ikopu:20171030235922j:plain「と!いうことでー!イコプさんには私が大賢者になるための修行ををかわりにやってほしいっていうわけー!わかるー?!」

f:id:ikopu:20171030235858j:plain「えージャイアンもびっくりのすごい理論を打ち出してきた感があるけど、乗りかかった船だし賢者の装備も揃えたいからね、やりましょう!」

f:id:ikopu:20171030235922j:plain「じゃあガートランドの上の井戸にいってきて。シェリルそこにいるかもしれないから」

f:id:ikopu:20171030235858j:plain「えっなんでシェリルさん探しにそんなところまで行かなきゃいけないの?シェリルさんよくそこの酒場で呑んだくれてるよさっきも会ったばっかだよ」

f:id:ikopu:20171030235922j:plain「シャラップ!そして静かに!とにかく行ってきて!」

 

ガートランドへ向かう

 

f:id:ikopu:20171031000625j:plain

秋か・・・

 

 

f:id:ikopu:20171031000641j:plain

誰もいない静かな夕暮れの海岸・・・

打ち寄せる波の音だけが俺の心を慰めてくれる・・・・

 

f:id:ikopu:20171031000726j:plainそうさ・・・海が俺を呼んでいる!

 

 

 

f:id:ikopu:20171031001131j:plain

ピピーッ!

 

 

ガートランドについた

f:id:ikopu:20171031001237j:plain

 

f:id:ikopu:20171030235858j:plain「はあはあ井戸についたけどおそるべき辺境だな。こんな井戸の中に唐突にワンワンさんがいるなんてとても思えないけど入ってみよう」

 

f:id:ikopu:20171031001225j:plain

 

f:id:ikopu:20171030235922j:plain「おばけ!おばけよイコプさん!」

f:id:ikopu:20171030235858j:plain「お、おう!ていうかアーニアさんついてきてたんだね!一切ストーリー理解してなかったからおばけよりアーニアさんが来てたことに驚いてます」

f:id:ikopu:20171030235922j:plain「早く倒してイコプさん!賢者でしょ!」

f:id:ikopu:20171030235858j:plain「よーし!大賢者イコプの大呪文でこのオバケ、葬り去ってくれる!」

 

f:id:ikopu:20171031001643j:plain

 

「ドルマドーン!!!」「ギャアアアア」

 

f:id:ikopu:20171030235858j:plain「これが賢者の力だ」

f:id:ikopu:20171030235922j:plain「シャイニングボウに見えたのは気のせいかしら・・・腕力の勝利だったような」

 

そのときだった

 

f:id:ikopu:20171031001845j:plain

 

f:id:ikopu:20171031001908j:plain「聞くんだな」

f:id:ikopu:20171030235858j:plain「あなたはワンワンさん!」

f:id:ikopu:20171031001908j:plain「ええーい!妙な名前で呼ぶな!私は孤高の」

f:id:ikopu:20171030235922j:plain「ワンちゃん久しぶり!!」

f:id:ikopu:20171031001908j:plain「ワンちゃんじゃないもん!!!シェリルワンワンでもワンちゃんでもないもん!!!」

 

 

ドルワームに帰る

f:id:ikopu:20171031002107j:plain

f:id:ikopu:20171030235858j:plain「ということで無事クエストもクリアして、この帽子と手袋をもらったわけですが」

f:id:ikopu:20171030235922j:plain「・・・」

f:id:ikopu:20171030235858j:plain「普通服とかズボンから先に貰いたいもんだよね。靴と手袋と帽子だけ装備したらこういうふうになっちゃうって、わかるじゃない?気づくじゃない?」

f:id:ikopu:20171030235922j:plain「・・・」

f:id:ikopu:20171030235858j:plain「アーニアさんどうしてこっち見ないのねえアーニアさんねえねえ」

 

さらなる旅立ちへ

 

私には会っておかねばならない人がいた。

 

f:id:ikopu:20171031002401j:plain

 

f:id:ikopu:20171029205814j:plain

 

その後いろいろあって

f:id:ikopu:20171031002505j:plain

 

f:id:ikopu:20171030235858j:plain「はいー!!!」

f:id:ikopu:20171030235922j:plain「イコプさん素敵ー!!」

f:id:ikopu:20171031001908j:plain「おまえこそ漆黒の下穿き・・・ブラックパンツだ!」

 

大賢者

あいつはずっと俺を見守ってくれていた。

最初は訝しげな目で、俺のことを見つめているのかと思っていたけど。

気づいていたさ、途中から。

その目の奥に、我が子を見守るような、暖かい優しさの灯火が宿っていたことに。

 

f:id:ikopu:20171030235922j:plain「イコプさん・・・かっこいいよ」

f:id:ikopu:20171030235858j:plain「はは・・・なんだか照れるな」

f:id:ikopu:20171031001908j:plain「さあ、行って来い、イコプ。あいつに、見せてくるんだろ」

f:id:ikopu:20171030235858j:plain「二人とも・・・ありがとう!」

 

俺は走り出した。

彼のもとに。

まだ新しい布の香りがする、この服をまとって。

 

 

f:id:ikopu:20171031003001j:plain

CONGRATULATION

 

 

 

 

 賢者クエストレポート

 

 

 

 

「幸あれ賢しき者たちに」

 

 

 

 

ー完ー

 

 

幸あれ賢しき者たちに【賢者クエ①】

f:id:ikopu:20171029193954j:plain

 

さてドラクエも5周年を迎えて、いよいよバージョン4の発売も間近という中!

 

みなさん来るバージョン4に向けて、やり残したことはないですか?!

ストーリーは終わらせたかな?

最強メイブは倒したかな?

レベル上げは終わったかな?!!

 

そんな中、今日はアストルティアプレイヤーの8割くらいがやり残してしまっているであろう、あのクエストをやっていこうとおもいます!そうです!賢者の職業クエストです!!!

賢者職業クエストをやろう 

さて、ということでバージョン4になる前にガチの賢者になっておこう、3800時間ドラクエやってるので、満を持して真の賢者たる資格も得られただろう、というわけです。 みなさんも多分「めんどくさい」とかそういう軟弱な理由でこのクエストやってないと思うので、一緒に頑張ってやっていきましょう!これやると賢者の必殺技とか使えるようになるみたいですよ!スゴーイ

さてまずはクエストを受注する必要があります。 調べるのは少し面倒なので知ってる人がいないか聞いてみましょう。

 

f:id:ikopu:20171029194744j:plain

 

丁寧な質問に単語で返されたので「今更賢者クエ・・・?」みたいな言外のニュアンスを敏感に感じ取りそうになりましたが、考えすぎですので大丈夫です。全力で賢者クエ進めていきます。

 

言うてもドルワームは非常に広いので、さらに場所を絞り込むためにクエストリストを確認します。

f:id:ikopu:20171029195255j:plain

どうやら水晶宮のアーニアに会いに行けばいいみたいですね。

 

レベル30以上という厳しい制約がありますが、私の賢者のレベルは90ですので何とかその資格は満たしていると言えそうです。

 

ドルワームに向かう

f:id:ikopu:20171029195528j:plain

(ドルワームについたイコプ氏と知らない街の人)

 

ドルワームはこのようにドワーフがドワドワしている街ですので、ドワーフがいっぱいでもう気分はドワドワドワ〜

さて、さっそく水晶宮に行ってみましょう。

 

f:id:ikopu:20171029195739j:plain

あっ!! いました、アーニアさんですね!

この方が導き手を求めているそうです。 導き手といえばイコプ的なところが実際ありますので、頼みを聞いてあげるしかありません。さっそく話しかけてみます。

f:id:ikopu:20171029195945j:plain

さすがアーニアさん、一見して私がレベル30を超えていることを見抜いたようですね。というか30レベルを超えたのはおよそ5年前なので、前に会った時とは見違えて当然なわけですが。そして5年間も私を待っていたと思うと、アーニアさんもなかなかタフな精神を持っているようだと推察されます。

 

f:id:ikopu:20171029200231j:plain

そしてアーニアさんは色々とお話をしてくれました。これを文章にすると大変なので、かいつまんで凄くわかりやすく絵にまとめました。 つまりこういうことらしいです。

【1分でわかる!アーニアさんの現状】

f:id:ikopu:20171029200336j:plain

ということで、1人でやる気がわかないので修行を手伝ってくれ、とまあこういうことですね。なるほどなるほど、アーニアさんの気持ちもわかります。1人ではちょっとやる気が起きないけどスタバとかで勉強してるとなんかすごい捗る〜みたいなあれですね。

わかりました、アーニアさん・・・その頼み・・・

 

f:id:ikopu:20171029200623j:plain

f:id:ikopu:20171029200636j:plain

f:id:ikopu:20171029200658j:plain

f:id:ikopu:20171029200739j:plain

 

クエストを受ける

さてどうしても一度は断りたくなってしまうのがドラクエプレイヤーのサガですから仕方がありません。ちゃんと頼みを聞くことにします。 f:id:ikopu:20171029201145j:plain

バアラックというモンスターをドルマを使って倒せばいいみたいですね。

その様子をアーニアさんは後ろから見ていて、見て学ぶスタイルで修行をするということらしいです。

f:id:ikopu:20171029201120j:plain

若干本当かな?と疑わざるをえない感じがしますが、こっそり後ろから見ているそうです。マジかな?そんなこと言いつつずっとここに立っているような気がビンビンしますよ?信じますよ?

 

f:id:ikopu:20171029201544j:plain

さてここで、職業クエストの通例として、クエストを進めていくとその職業の専用装備が手にはいるというものがあります。おそらくこの賢者のクエストでも、真の賢者にふさわしい装備が揃っていくと思われます。 ここはその装備を揃える楽しみを全力で味わうためにも、一旦全裸からのスタートとします。

f:id:ikopu:20171029201738j:plain

(突然全裸となったイコプ氏を黙ってみつめるアーニア氏の様子)

f:id:ikopu:20171029201859j:plain

目指すはカルデア山道!!愛獣キラーパンサーに乗って出発です!!  

 

バアラックを倒す

f:id:ikopu:20171029202025j:plain

さて夜のカルデア山道にたどり着きました。 バアラックというモンスターを倒せばいいわけですが、問題はバアラックというモンスターがどんな奴だったか一切分からないことです。妻に確認すると「なんかこう小僧みたいで緑と紫みたいな格好したやつ」とのこと。 緑と紫の小僧・・・まったくピンときません・・・困った・・・詰んだか・・・?とりあえずウロウロしてみます。

f:id:ikopu:20171029202236j:plain

あっ完全にお前や!!!

 

ということで、バアラックをドルマにて葬り去ります。レベル30の賢者に適正なクエストですので、レベル90のイコプ氏からするとこれは少年野球で大谷が150キロのフォークを投げてしまったくらいの状況です。

f:id:ikopu:20171029202508j:plain

(間違えてドルクマで圧殺しておりクエストが進まないイコプ氏の様子)

 

 

3匹倒しました。さあ、帰りましょう、ドルワームに!!

 

ドルワームに帰る

f:id:ikopu:20171029202809j:plain

さて凱旋の帰途につき、喜び勇んで水晶宮に向かいます。 途中全裸で走るイコプ氏を城の住人が訝しげな目で見つめているようにも思えましたが、強い心で耐えます。

f:id:ikopu:20171029203005j:plain

さて、「絶対見てなかったでしょ?」というツッコミをこらえてアーニアさんの話を聞きます。アーニアさんはこれでドルマのイメージはバッチリで、唐突に私に賢者の靴をつくってくれるということなのですが、その材料を酒場に忘れてきてしまったとのこと。それを取ってきてほしいとのことです。

お礼の品の材料を当人に取らせにいくってすごいな・・・と思いながら、仕方なしに酒場に行くことにします。

f:id:ikopu:20171029203318j:plain

(強い心)

 

酒場での出会い

f:id:ikopu:20171029203156j:plain

さて夜の酒場にたどり着きました。

 

f:id:ikopu:20171029203430j:plain

中に入ると、目の前に青ヒゲの行商人が現れました。この青ヒゲ・・・そして唐突に画面いっぱいにアップに表示されるこの勢い・・!この行商人は今後のストーリーでキモになる重要NPCに間違いありません。おそらく今後、青ヒゲのトラベルセラーと呼ばれる男・・・

f:id:ikopu:20171029203646j:plain

その3秒後くらいには行商人はいなくなったので、完全にただのモブキャラだったようです。青ヒゲのトラベルセラー、フォーエーバー・・・。ん、シェリルってどこかで聞いたことがある名前ですね。

 

f:id:ikopu:20171029203928j:plain

あーこっちだった!! 完全にこっちがストーリーのキモになるほうでした!「青ヒゲのトラベルセラー」では「砂漠に吠える賢狼の牙」に勝てるわけがありません!異名の迫力が違いすぎます!

f:id:ikopu:20171029204121j:plain

さてその砂漠に吠える賢狼の牙シェリルさん、略してワンワンシェリルはすれ違いざまに私にこう言ったのでした。

「死相が出ている、気をつけろ」とー。

死相の前に全裸で酒場に来ていることに何かアドバイスがあったのではと思いますがワンワンシェリルはそこには特にコメントはなかったようです。

 

水晶宮に戻る。

とにかく、シェリルはアーニアさんが気にしていた人物、これはアーニアさんに報告に戻るしかありません!急ぎましょう!

 

f:id:ikopu:20171029204502j:plain 


f:id:ikopu:20171029204603j:plain

f:id:ikopu:20171029204623j:plain

 

アーニアに報告する

f:id:ikopu:20171029204721j:plain

さて、お使いのアイテムをゲットしてきたので、無事アイテムを渡すことができました。アーニアさんもワンワンシェリルさんのことは気にかかっているようで、やはり今後このシェリルさんがワンワンしてワチャワチャしてくるストーリーになってくるようですね!!

そして、クエスト最後に報酬の靴をもらうことができました。 f:id:ikopu:20171029204902j:plain

!!

おしゃれは足元からと言いますが・・・一気に賢者らしさがアップしましたね!

アップしたかな?若干全裸のほうがまだよかったのでは?という感じも心の奥底でこみ上げますがただただ強い心で賢者らしくなったと思うことにします。

 

さて、ここまでで賢者クエストの問題点が色々で浮かび上がってきました。

成績優秀だったはずのシェリルさんのドロップアウト・・・アーニアさんもそれに付随するようにドルワームから落第しようとしている・・・そしてイコプに指摘された死相とは・・・?何か大きな闇が、このドルワームに影を落とそうとしている気がします。私は背中を流れる冷たい汗を感じました。休んでいる暇はない。旅立たねば。

 

私は暇もなく、真の賢者になるべく歩みを進めるのでした。しかしその前に、賢者の靴を手にいれた私には、この姿を見せておかなければならない人がいることに気がついたのです。



f:id:ikopu:20171029205226j:plain



f:id:ikopu:20171029205825j:plain



f:id:ikopu:20171029205814j:plain

次回へ続く

【アストルティア紹介】メギストリス

f:id:ikopu:20171002201618j:plain

 

こんにちは!イコプです!

驚くべきはこのハイ・テンション!

 

イメチェンしました。

 

f:id:ikopu:20171002201703j:plain

 

ということで秋に備えてイメチェンしました。

テーマは「タイの人気番組とかで司会をしていそうな人」です。

チーマーには「いそうwwww」と大好評でした。

 

 

メギストリスを紹介します

さて、ということで最近スイッチが出たとかで、ドラクエ10の世界にも初心者の方がたくさん生まれているようです!

であれば、ここはひとつ初心に帰って、アストルティアの先輩のイコプさんがアストルティアの観光名所を紹介していこうかな、なんて思います。少し久しぶりの更新なんで、ブログの書き方忘れてないかな・・・なんて、心配になるけれど。大丈夫、勢いでなんとか乗り切れるよね!頑張れ!イコプ!

 

街に入るとそこには。

 

f:id:ikopu:20171002202208j:plain

 

大きな門が待っていますね!!

そしてその下に、佇む人影!!さっそく近づいてみましょう!

 

f:id:ikopu:20171002202325j:plain

 

ん?

 

あなたは・・・・

 

 

 

f:id:ikopu:20171002202345j:plain

 

あっ!

 

 

f:id:ikopu:20171002202409j:plain

 

チャンジャさん!!

 

 

 

f:id:ikopu:20171002202438j:plain

そのままでも良し!

 

 

f:id:ikopu:20171002202622j:plain

寿司にしても良し!!!!!!!!

 

f:id:ikopu:20171002202751j:plain

 

メギストリス・・・!

 

メギストリスよ・・・・!!!

 

 

いい記事だなあと思ったらクリックせざるをえない!!

 

WBC応援イベント 日本xオランダ

f:id:ikopu:20170312175449j:plain


WBC応援イベント in アストルティア

日本vsオランダ戦


時間:2017年3月12日 18時30分〜

場所:サーバー21カミハルムイ南 酒場


1次ラウンド史上初の開幕3連勝で1位通過した日本!2次ラウンド初戦は前回大会ベスト4、多数のメジャーリーガーを擁する強敵オランダ!果たして我々侍ジャパンは勝利を手にすることが出来るのかー?!


【イベント内容】

カミハルムイの酒場に集まってテレビを見ながらワーワー侍ジャパンを応援します。フリードリンク制(各自持参)。途中参加退席自由。


アストルティアから侍に力を送ろう!!